薮原宿 散歩

  薮原宿〜旅と散歩

旅と散歩とバスツアー

旅と散歩とバスツアーのサイトでは
いろいろな旅や散歩を掲載しています。



初めてのバスツアー 1泊2日の旅

〜飛騨高山 ・ 白川郷 合掌の村 ・ 郡上八幡 ・ 木曽路の旅〜

木曽路 ( 馬籠宿 ・ 妻籠宿 ・ 寝覚の床 ・ 奈良井宿 )
   旅と散歩とバスツアー〜TOP > 薮原宿 



■ 番外編 ■



木曽路11宿は、東京側から、


贄川宿(にえかわじゅく) →  奈良井宿( ならいじゅく) →  薮原宿(やぶはらじゅく)

 →  宮ノ越宿(みやの こしじゅく) →  福島宿(ふくしまじゅく) →  上松宿

(あげまつじ ゅく) →  須原宿(すはらじゅく) →  野尻宿(のじりじゅく) →   

三留野宿(みどのじゅく) →  妻籠宿(つまごじゅく) →  馬籠宿(まごめじゅく)と、


木曽の険しい山間部を縫って、岐阜の中津川に出る中山道である。




■ 木曽路11宿の見どころ



・ 薮原宿(やぶはらじゅく)



奈良井宿から薮原宿へは、鳥居峠を越えなければならない。


この峠は、信濃川と木曽川の上流である奈良井川の分水嶺となっており、
標高一千百九十七メートルである。


今は,信濃自然遊歩道となっていて、絶好のハイキングコースとなっているが、
昔は木々もうっそうとして、昼間でも薄暗く、
追剥(おいはぎ)、山賊(さんぞく)が出没していたのではないかと思われる。


また、この峠を舞台にした本、菊池寛の『恩讐の彼方に』のなかで、
市九郎とお弓が旅人を殺害して、悪事の限りを働いた場面がえがかれている。


峠の頂上には、御嶽神社遥拝所があり、
その遠眼には御嶽山、木曽駒ケ岳等、木曽の山々が美しく映(は)える。
眼下には、木曽川に沿って薮原宿が点在している。


峠を下ると、木曽川に沿って薮原の宿である。
ここでの見どころは、極楽寺の庭園で、桃山時代の創建で小堀遠州流とのこと。
庭の観賞好きの方は、是非ご覧いただきたい。


ここ薮原は、お六櫛が名産品で、土産物を売る店で売っている。
お六櫛の由来は、
奈良井に住む娘お六は、いつも頭痛で悩まされていた。
ある日、御嶽の神が夢枕に立ち、ミネバリの櫛で髪をすくと治ると告げた。
お六は、早速お告げ通りミネバリの櫛で髪をすくと、たちまち頭痛が治ったという。
そこでお六櫛として、評判になった。


しかし、この櫛の製法が薮原の者に盗まれ、
薮原の名産品となって、現在にいたっているとか。


その他、薮原には、薮原高原スキー場、薮原高原こだまの森があり、
夏でも冬でも、家族、友達同士でも楽しめる施設がある。















旅と散歩とバスツアー〜TOP 



0. 旅のハジマリ

1. 飛騨高山(ひだたかやま)

2. 白川郷(しらかわごう)

3. 郡上八幡(ぐじょうはちまん)

4. 名古屋(なごや)

5. 馬籠宿(まごめじゅく)

6. 妻籠宿(つまごじゅく)

7. 寝覚の床(ねざめのとこ)

8. 奈良井宿(ならいじゅく)

9. 旅の感想(たびのかんそう)



■ 番外編 (初めてのバスツアー)
  木曽路11宿のみどころ

10. 贄川宿(にえかわじゅく)

11. 奈良井宿 
   (ならいじゅく 、8と同一)

12. 薮原宿(やぶはらじゅく)

13. 宮ノ越宿(みやのこしじゅく)

14. 福島宿(ふくしまじゅく)

15. 上松宿(あげまつじゅく)

16. 須原宿(すはらじゅく)

17. 野尻宿(のじりじゅく)

18. 三留野宿(みどのじゅく)

19.妻籠宿 
   (つまごじゅく 、6と同一)

20.馬籠宿 
   (まごめじゅく 、5と同一)




サイトマップ1 


リンク集1 

リンク集2 

リンク集3 





Copyright (c) 旅と散歩とバスツアー All Rights Reserved.